ティファール アプレシア エージー・プラス コントロール 0.8L

ティファールの、温度設定ができる電気ケトルを使ったイベントが
開催されました。

温度設定は7段階から選べるそうで「アプレシア エージー・プラス
コントロール 0.8L」という商品です。

日本茶やコーヒーって、お湯の温度によって随分味が違いもんね。
味覚に疎い僕でも分ります。

設定温度は、60・70・80・85・90・95・100℃の7段階で、その
設定温度を60分間保温できるコントロール機能がついています。

60℃と80℃のお湯で淹れた日本茶の違いを実体験できたり
世界バリスタチャンピオンの井崎英典さんが淹れるコーヒーの
試飲会もあったそうです。

同じ茶葉を使って60℃のお湯で淹れたお茶は渋みは少ないそうで
80℃のお湯で淹れたお茶は香りも濃く渋みを感じらるとか。

コーヒーも難しくて、豆の種類や煎り方によって90℃より95℃と
お湯の温度によって使い分けしなくてはいけないそうです。

さらには、お湯を何回かに分けて注ぎますから、途中でお湯の温度が
下がってしまうとあまりよろしくないんです。

アプレシア エージー・プラス コントロールはお湯の温度を一定に
保ってくれるのでベストですね。

それにしても、日本茶ソムリエの和多田喜氏と 世界バリスタチャンピオン
の井崎英典氏が直々に煎れた日本茶やコーヒーが飲めるんですから
最高に贅沢なイベントですね。

僕は、味覚があまり鋭くないっていうか鈍いのですが、コーヒーだけは
なんとなく分るし、美味しい物を飲みたいです。

今はコーヒーメーカーで煎れていますが、アプレシアを購入して
温度にもこだわってみますか・・。


ティファール 電気ケトル 0.8L アプレシア エージー・プラス コントロール パールホワイト KO6201JP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です