豪華寝台列車四季島 木の枝でトラブル

豪華寝台列車として話題の「トランスイート四季島」。
一度は四季島でゆっくりと旅行してみたいものです。

そんな四季島にトラブル発生です。

7月2日の朝に福島県の磐越西線喜多方駅で8時間も立ち往生
しちゃったそうなんです。

四季島は、会津若松駅へ向かう予定だったんですが、バスで
移動しました。

せっかくの豪華列車なのに、バスになっちゃうのもちょっと・・。

原因を追究したところ、結局は朝にパンタグラフを上げた際に
木の枝に触れてショートし、パンタグラフを動かすための
空気配管が損傷したことだったようです。

んーーー、豪華な列車も木の枝1本でこうなっちゃうんですね。

どんなに便利な世の中になっても、自然には叶わないってこと
なんでしょうが、その自然が木の枝1本じゃ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です