へアドネーションってなに?

ネットニュースを見ていたら「ヘアドネーション」という言葉が
眼に入りました。

知らない言葉なので調べてみたら

ヘア=髪の毛
ドネーション=寄付

ですので、へアドネーション=髪の毛を寄付する、ということですね。

髪の毛の寄付?

そう思いましたか?実は僕も最初は何のことだろうと思いました。
でも、よく読んでみるとなる程と納得です。

世の中には、抗癌剤の副作用で髪の毛が抜けてしまった人、
病気や事故などで髪の毛を失ってしまった人などがおられます。

そういった方の中でも、特に18歳以下の子供たちのために
フルオーダーメイドのカツラというかウイッグを提供しようという
試みのことを「ヘアドネーション」と言うんですね。

日本では、水野美紀さんや柴咲コウさんやベッキーさんなどが
バッサリと髪の毛を切ってヘアドネーションに参加してます。

知りませんでした。

水野美紀さんや柴咲コウさんが、最近ショートヘアになったな
というのは確認していたんですが・・・。

有名な芸能人などが、このような活動に積極的に参加すると、世間的な
認知度も一気にアップしますからね。

調べてみると、完璧な振るオーダーメイドのウィッグを購入するのに
数十万はしそうな感じです。

それはいくらなんでも負担が大きすぎるでしょう。

髪の気の長さが必要なので、男性はちょっと無理っぽいですから
女性のロングヘアの方で、寄付しようと考えた方は、ぜひとも
行動してくださいね。

条件は以下の通りです。

●ウィッグに使用できる条件

・髪の毛の長さが31cm以上
・完全に乾いた状態の髪の毛
・切り口をゴムなどで束ねてあること
・一人分づつまとまっていること
・引っ張ったりしても切れない髪の毛であること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です